お客様からのご質問:「リューズ外れ」について

今回はごくまれではありますが、お客様よりいただくことがある質問にお答えします。

保証期間中に普通に使用していてリューズが外れました。
こういうことはあり得るでしょうか?

上記の質問の回答ですが、
あり得ます。

当然のことながら時計はモノですから劣化します。
お見積り時や修理中に故障していると判明していれば、交換のご提案をさせていただいておりますが、
修理後、保証期間中であってもリューズが取れる可能性は低いですが、ゼロではありません。

また、保証期間中であってもリューズに関しては外装部となり保証対象外となります。
(交換での修理対応している場合は、状態を確認させていただいてからのご案内となります。)

修理直後であれば部品代金を除き、なんらかのご対応はさせていただきますが、
基本的には有償修理という形となります。

いつリューズ周りに故障が発生するかということに関しては、正直なところわかりません。
時計個体や使用環境によるとしか言いようがありません。

リューズが外れる(取れる)原因としては、
主にリューズ破損、巻き芯折れ、オシドリ破損、ネジ外れ等が考えられます。

リューズ外れ

リューズが巻芯ごと外れています。

部品破損で部品の交換が必要になる場合は有償となりますが、
ただのネジ外れの場合は工賃は無償でご対応しております。

詳しくは時計を再度お預かりさせていただき、ご確認させていただいてからのご案内となります。

主に外装部などの保証対象外の故障・損傷に関しては上記と同様の対応となります。

こういった対応は当社千年堂だけかと言われるとそうではなく、
メーカーであれ、他の修理店であれ基本的には同様の対応となります。

時計はモノであるため、いつかはなんらかの不具合、故障が発生するのは仕方がありません。
ご使用環境に気をつけながら、できる限り大切に愛用することにより、
時計とその部品が延命できるとお考えください。

時計の修理は千年堂にお任せください。

千年堂では一流の時計技師による最高の技術をリーズナブルな価格で提供しています。

もしロレックスやオメガなどの高級時計のメンテナンスのことでお困りでしたら、『時計修理の千年堂』にご相談ください。

メーカーでの修理を断られてお困りの方もパーツ次第では修理対応が可能な場合もございます。まずは一度お問い合わせください。

あなたの大切な腕時計が末永く時を刻み、愛され続けることを願って私たちは修理をしています。

Q&Aオーバーホール・分解修理・メンテナンス
時計修理の千年堂をフォローする
ロレックス・オメガ・各種高級時計オーバーホール専門店 時計修理の千年堂STORIES
タイトルとURLをコピーしました