千年堂時計修理オーバーホール

長く時計を使うために

時計を長く使うためには、正しい使用方法、保管方法を知る必要があります。
ここでは正しい保管方法について解説していきます。
ほとんどの人は時計の保管方法を知らず、時計を乱暴に扱ってしまいます。
定期的にオーバーホール、点検をしているのであれば問題ないですが、
オーバーホールや点検をあまりしない人はいきなり時計が止まる、壊れるといったことになりがちです。
そうならないためにも日々の保管にもしっかり気を配るようにしましょう。

 

時計を保管するための4つのポイント

 

1.ベルト、ケースの汚れや湿気は完全に落としておくべし
時計を長期保管する場合は、ケースやブレス、革ベルトを確認しましょう!
汚れや汗などの水気が残っていないか、残っているならセーム革など研磨がない布で丁寧に拭き取っておきましょう。
もし汚れや水気が残ったまま保管すると、サビやカビなどが発生したり、雑菌が繁殖して肌のトラブルを引き起こしたりします。
時計専用のクロスで汚れや水気を優しく拭き取ったら、日陰の風通しの良いところで乾燥させましょう。
コマの間やベゼルなど、水気や汚れが取れにくいところは、綿棒などを使って念入りにケアするようにしましょう。

 

2.湿気・磁気のある場所や高温や直射日光のある場所では保管しない
時計をしまったり、保管する場合は、湿気や磁気のある場所、高温な場所は避けるようにしましょう。
湿気はサビやカビの元にもなりますし、高温はダイアルなどの塗装面に影響を与えます。
また、パソコン、テレビ、携帯電話、AV機器などといった強い磁気を発する製品のそばに時計を置くと、金属の機械部品が磁気を帯び、精度異常や動作不良などを引き起こす可能性があります。
また、意外なことにタンスの扉の磁石部などにも注意が必要です。
タンスの扉の磁石部は強い磁気を発するので、こういったところに保管する場合は、できるだけ扉の磁石部から離して保管するようにしましょう。

 

3.1ヶ月に1度はゼンマイを巻いて時計を動かしておく
大切な時計だから最初だけケアして、放置していれば大丈夫!というわけでもありません。
時計は長期間使わずにいると、内部の機械油が固まってきます。
油の劣化は部品どうしの抵抗が大きくなり、動かなくなったりといったトラブルを招く可能性があります。
それを防ぐためにも1ヶ月に1度はケースからだし、ゼンマイをいっぱいまで巻くことが重要になってきます。
ゼンマイを巻いて実際に1日ほど動かせば、ほとんどの部分が動き、油も適切に循環していきます。
油の凝固や劣化にも気をつけて時計をケアするようにしましょう。

 

4.使い始めの精度や操作に違和感がある場合は、すぐに使用停止を
長期間時計を保管したあと、いざ時計を使おうと思ったときにはその時の状態にも注意しておきましょう。
リューズやベゼル、プッシュボタンなどの操作に違和感を感じたり、重かったり、時計の精度に大きな誤差が発生していたりと、そのような場合は保管中にサビや油切れといったトラブルが発生している可能性があります。
これらの違和感を軽視して使い続けると、深刻な故障へとつながる場合があります。
万全を期するためにも、ちょっとでも違和感を感じたらすぐにしようをやめ、弊社やメーカーなどの時計会社に相談するようにしましょう。

 

 

 

時計の修理・オーバーホールならこちら>>