千年堂時計修理オーバーホール

時計の各部名称

時計を修理する際、よく使われる時計の名称を紹介します。

 

・ベゼル
ケース前面の外周部のことを指す。
クロノグラフの場合は、この部分にタキメーター目盛りが刻まれているものがある。
ダイバーズウォッチやGMTウォッチの場合は回転式のものが上に乗せられて装着されているものが多い。

 

・ラグ
革のベルトやブレスレッドを固定するための小さい穴が内側に付けられた、ケース上下の突起部分のこと。
ブレス類はバネ棒と呼ばれる部品によって、その小さい穴の部分に装着されている。

 

・リューズ
ゼンマイを手動操作で巻き上げたり、時刻や日付などを調整するために使用する主要部分のこと。
ゼンマイを巻き上げる歯車類などと内部で噛み合う構造となっている。

 

・スモールセコンド
スモール=小さい、セコンド=秒
とその名の通り秒単位を計測するための時計内部にうめこまれたダイアル式の目盛り。

 

 

・インデックス
ダイアルに設置された「時刻」を表示するための数字や記号のこと。
文字盤上に植字やプロント加工され、夜間や深海でも確認できるように蛍光塗料が施されることもある。
海外ではアワーマーカーとも呼ばれている。

 

 

・ガラス
ベゼルの外枠部に設置されたガラス製の部品。
腕時計では主に、アクリルガラス、強化ガラス、サファイアクリスタルの3つの材質が使用されるが、
高級時計やスポーツウォッチでは耐久性や強度に優れたサファイヤクリスタルが主に使用されている。
光の反射を抑え、視認性を確保するために、片面や両面が無反射コーディング処理されることもある。
アクリルガラスは合成樹脂のガラスで、一般的にはプラスチック風防ともいわれる。加工が容易である一方、
傷がつきやすい。
強化ガラスは化学処理や熱処理を施し、分子の密度を特に高めたガラス。割れにくく、傷にも強い。
サファイアクリスタルは人口のサファイアの結晶を削り出して製造される。
腕時計には最も広く活用され、高硬度を誇る。

 

 

・ロゴ
ダイアル上に書かれたブランドのマーク。
ブランドによって、製造された時期や場所によって書体や大きさが異なる。

 

 

・ケース
ムーブメントやダイアルなどを収める外装部品。

 

 

・ハンド
時刻を表示するための針状部品。
通常はセンター軸に時針、分針、秒針の順にはめ込まれている。

 

 

時計の修理・オーバーホールならこちら>>